KFC(ケンタッキー)ORマイスターがいる店舗は?食べる方法はある?こだわりも!

こんにちは!

世の中に嫌いな人はいないんじゃないか。と思えるケンタッキーフライドチキン。 私も子供の頃から大好きで、誕生日やクリスマスなど、特別な日に食べさせてもらっていました。(田舎だったので家の近くに店舗がありませんでした)

高校を卒業し、東京の大学に進学とともに上京して町田に住み始めたのですが、東京のケンタッキーの店舗の多さにびっくり!!

1つの駅に2店舗とかあるんですね!(今は閉店してしまっているようです・・・)

私の地元の新潟では、車で30分以上かけ街に出ないと店舗はなかったので、店舗の密集具合に驚いたのを今でも覚えています。

特別な日にしか食べていなかったので、大学からの帰り道に友達とフラッと立ち寄るようになったことに対して「大人になったな」と実感していました笑

そんなケンタッキーですが、いつ食べても変わらない味ですよね!

鶏肉はもちろん新鮮で、部位によってあっさりしていたり、ジューシーだったり。

衣はパリパリでもなく、しっとりでもなく、なんともいえない食感ですよね!最近では大手コンビにチェーンでもフライドチキンが食べられるようになりましたが、やはりケンタッキーのフライドチキンは別格です!

チキンを調理するには「チキンスペシャリスト」という資格が必要

そんなケンタッキーですが、オリジナルチキンを調理するには資格が必要であることをご存知ですか? 全国の店舗に在籍している約6000人がその資格を持っており、試験の成績によって、S~Cまでの4ランクに分けられています。

Sランクを取得するには、社内試験で筆記・実技ともに満点を取らなければならないそうで、6000人もいるうちのわずか1%、60人しか存在しないそうです。

ケンタッキーは全国に1140店舗あるので、約20店舗に対して1名しか在籍していない計算になります。そんなレアなSランクの資格を持つ従業員さんが働く店舗が家の近くにあったら最高ですよね!!

ORマイスター

そんな数少ないSランクですが、さらに上のステージが存在するそうです。

その名も”ORマイスター”

Sランクの資格を持っていることはもちろん、店舗経営に関する知識や、面接試験を経てORになることができるそうです。

文章で書くと簡単そうですが、数少ないSランクの資格を持つ60人中わずか2名。 スペシャリストの資格保有者のうち、0.0003%しか存在しない、狭き門なのです。

ORマイスターは主に、店舗や従業員に対して伝統の調理法を伝授することがお仕事。

1年間に100店舗。1週間のうち、3日~4日は全国の店舗を渡り歩いているそうです。

ORマイスターの作ったチキンを食べる方法は?

全国にわずか2名しか存在しない、従業員の頂点。ORマイスターの作ったケンタッキーをぜひとも食べてみたいですよね!

そんなORマイスターの作ったチキンを食べる方法ですが、残念ながら確実に食べる方法はないようです(涙)

それはそうですよね。1週間の大半は全国の店舗めぐりに費やし、東京にいるときも出張の準備、イベントや企画の準備を行っているそうなので、そんなに感単に食べられるわけありません。

管理人が考える、ORマイスターの作るケンタッキーを食べる方法は2つ

①運よく、ORマイスターが店舗に来ているタイミングでケンタッキーを購入する

②ケンタッキーでバイトをし、ORマイスターが店舗に来るのを待つ

すみません。どちらも現実的ではありませんね・・・

ORマイスターのこだわり

しかし、ORマイスターが全国の店舗で行っていることは、伝統の調理法の伝授

従業員はもちろん、店長にも普段の調理方法を見せてもらうそうです。

鶏肉の品質確認から始まり、調理開始から出来上がりまでの約20項目を点検するほか、素材の生産から流通までを確認したりと、フライドチキンに関わるすべての工程をチェックしています。

ORマイスターがつくるチキンが最高においしいのはもちろんですが、子供から大人までみんな大好きなケンタッキーはどの店舗で食べても最高においしいと思います!!

ちょっと無理やりですが、ケンタッキーが最高の品質を保っているのにはORマイスターが日々店舗を訪れてくれているからなんですね!

これからも大好きなケンタッキーを特別な日に楽しんでいきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました