四万十川ウルトラマラソン2019(100km)初心者の練習内容 【マラソン未経験】

未分類

2019年10月20日 フルマラソンにも出場したことのない私が、四万十川ウルトラマラソンに出場しました!

今更ですが、ウルトラマラソンに向けた練習内容をまとめようと思います。

マラソン歴

当時の私はフルマラソンも走ったことがなく、2018年からランニングを始めた初心者でした。

ランニング仲間にトレイルラン(山を走るマラソン)に誘われ、2018年秋に24kmのレースに始めて出場。

「インターバルトレーニングしているから大丈夫!」と謎の自信を持っていた私。

完全に舐めてかかったレースのため途中でガス欠を起こし、結果は制限時間ギリギリの4時間。。。

走っている最終は「2度とトレランなんかするか!」と思っていましたが、ゴールした時の達成感が忘れられませんでした。

以来、トレイルランに魅了され月に1回のペースでレースに参加していました(笑)

参加のきっかけ

月1のペースで出場していたトレイルランですが、12月のレースでランニング仲間が「ウルトラマラソン(100km)を走ってきた」と。

その時は「こんな近くに頭のおかしい人がいたのか。」と思った私ですが、ランニングにはまるにつれて「参加してみようかな」という想いが大きくなってきました。


当時の私はフルマラソンはおろかハーフマラソンも走ったことはなく、ロードのレースには1度も参加したことがありませんでした。

そんな中、5月にランニング仲間と陣馬山〜高尾山のトレイルランをした際に四万十川ウルトラマラソンに誘われました。

四万十川ウルトラマラソンは日本でも人気のレースで、毎年抽選が行われます。(倍率は2.08倍!)

「東のサロマ湖、西の四万十川」と呼ばれているみたいです。

申し込むだけなら。という思いもあり、申し込んだことが出場のきっかけでした。


ウルトラマラソンに向けた練習

まず当選しないだろうと思って申し込んだ四万十川ウルトラマラソン。

結果は、見事当選していました(笑)

せっかく出場するなら完走したいと思い、5月からウルトラマラソンに向けた練習を始めました。

(遅すぎますね。)


ウルトラマラソンに向けてまず行ったのが情報収拾。

ロードレース未経験の私は、まずはウルトラマラソンに向けた練習方法を調べました。

色々なサイトを検索し、見つけた練習が「LSD」

ランニング経験者ならもちろん知っていると思いますが、当時の私には何のことかさっぱりわかりませんでした。

LSDは Long Slow Distance の略で、長い距離をゆっくり走る練習のこと。

当時の私が走った最長距離はレースで24km 練習で12kmでした。

100kmには遠くおよびません。

「ウルトラマラソンを完走するためには長く動かせる身体作りが必要」とのことだったので、LSDに取り組むことにしました。

2019年7月27日、初めてのLSDを行いました。

ペースはよくわからなかったので、6’00”/km で 20kmを目標に走りました。(本当はもっとゆっくりのペースのほうがいいみたいですね。)

結果は撃沈。

水を携帯できるカバンもないためSuicaを持ってランニングし、喉が渇いたら自販機で給水するスタイルで走ったのがよくなかった。

本来ならこまめに給水するべきなのですが、水を持って走りたくないため1度の給水で500mlのペットボトルを飲み干しながら走っていました。

給水後はお腹がタポタポ。炎天下の中走ったこともあり、途中でバテてしまいました。

真夏にLSDは危険と判断し、9月までは行わないことにしました。

2019年9月13日、2回目のLSD。

真夏に比べると涼しくなってきたので、6’00”/km で 30kmを目指しました。

結果はまたも撃沈!

スローペースなら長距離も余裕!と思っていましたが、実際に走ってみると全然違いました。

20kmを過ぎたあたりから足が動かなくなり、25kmを過ぎには走れなくなってしまいました。

途中で中止しようにも家に帰る手段がないため、残り5kmの道のりを歩いて帰宅。

LSDを完全に舐めてました。

ウルトラマラソンを1ヶ月後にひかえ、ランニングの最長距離は25km。

ウルトラマラソンの4分の1の距離しか走れていない私は焦りを感じていました。


2019年9月29日、3度目のLSD。

前回のリベンジもかねて、6’00”/km で 40kmを目指しました。

本番まで1ヶ月を切っていたため本来なら50kmくらい走りたかったのですが、完走できるビジョンが全く浮かばなかったため、まずは40kmを目標にしました。

結果は撃沈!!!

何とか30kmを走ることはできましたが、30km手前でやはり足が動かなくなる。。。

前回の失敗をふまえ線路沿いを走っていたこともあり、35km走ったところで電車に乗って帰宅しました(笑)

2019年10月6日、最後のLSD。

この時には嫌な予感しかしていませんでした。

本番までのコンディションのことも考えると、本番前に走れるLSDはこれが最後。

「できるだけ長い距離を」と思い、6’00”/km で 40kmを目指しました。

結果は撃沈。。。

前回と同様、35km走ったところで足が動かなくなりました。

計4回LSDを行いましたが、30kmを境に足が動かなくなります。

100kmはおろか、フルマラソンすら走りきれる気がしませんでした。

この時の私には焦りしかありませんでした。

スケジュール的にも、もうLSDは行えません。

練習の約3倍の距離をいきなり走らなければならないウルトラマラソン。

走りきれるビションはまったく浮かびませんでした。

やはり初心者にいきなりウルトラマラソンはハードルが高すぎたのか。。。

飛行機のチケットや宿の手配まで完了しているため、不安な気持ちを抱えたまま本番をむかえることになりました。

参考にならなかったかもしれませんが、以上が私が行なったウルトラマラソン向けの練習です。

レースの内容はまた別の記事で紹介させていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました