UberEats(ウーバーイーツ)を使用した感想、メリット・デメリットは?

未分類

最近CMでもよく見かけるUberEats(ウーバーイーツ)。

街を歩いていると、ロゴが入ったバックを持った配達員をよく見かけるようになりました。

使ってみてわかった、メリット・デメリットをご紹介します。

結論から言うと、登録を完了させ、いつでも使える状態にしておくべきサービスでした。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eatsは海外発祥の配車サービス「Uber(ウーバー)」を運用しているウーバー・テクノロジーズが提供している料理の宅配サービスです。

2016年に日本でのサービスが開始され、現在では利用できる店舗も増えてきました。

商品の値段にサービス料・配送手数料がかかりますが、私の住んでいる地域では、

サービス料:¥200

配送手数料:¥50

と、商品の値段+¥250くらいで自宅に様々な商品を配達してもらうことが可能になります。

使用する店舗、配達する地域によっても金額が変わるので、利用する際にアプリ上で金額を確認したほうが良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット

現金がなくても支払いが完了する

Uber Eatsはアプリ登録時にクレジットカード情報を登録するため、配達員に現金を渡す必要がありません。

キャッシュレス決済が普及し始め、現金の持ち合わせがない人も多いと思います。

そんな人でも安心して利用できるサービスです。

配送状況がリアルタイムにわかる

Uber Eatsで商品を注文すると、商品の配送状況がアプリに表示されます。

商品の準備状況、配達員の現在地がリアルタイムでわかります。

配達員の自転車が自宅に近づいてくる様子をアプリで見ているのは楽しいです。

宅配便と違い商品の到着時間が分単位でわかるので、トイレやお風呂も心配なく済ませられます。

自宅以外にも届けられる

アプリで商品の届け先を入力できますが、外出先にも届けることが可能です。

ピクニック先の公園、職場にも届けてもらうことが可能なので、食べたいものを好きな場所で食べることが可能になります。

お店で注文するより安くなることも

初回限定のプロモーションや割引クーポンが発行されるため、それらを利用すると店舗より安く購入することも可能です。

私の場合はプロモーションとして¥600の割引が適用されたため、サービス料を払っても¥300程度安く購入することができました。

自宅で商品を注文して、店舗より安く購入できるなら絶対利用したほうがいいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリット

利用できるエリアに限りがある

様々な店舗の商品を配達してもらえるUber Eatsですが、配送地域は都市部のみになっています。

今後、利用できる地域は広がっていくと思いますが、自分のエリアが配達可能かは事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

確実にサービスを利用できるわけではない

地域により使えるお店、配達員の人数に限りがあります。

配達員の稼働状況にも左右されるため、「いつでも」「確実に」利用できるサービスでないと認識しておかなければなりません。

購入できる商品が限定される

購入できる商品は配達可能なものに限られますので、必然的に購入できる商品は限られます。

商品の容器も店舗で用意できる範囲になるので、知っているお店で注文したとしても全てのメニューを注文できるとは限りません。

デリバリーサービスとの違い

配達員は一般の人

ピザなどのデリバリーサービスは店舗で働く従業員ですが、Uber Eatsの配達員はウーバー社と契約した一般の方です。

一般人に配達してもらうことに不安を感じる方もいると思いますが、事前研修・バックに身分証を提示するなど、安心してサービスを利用してもらう配慮がなされています。

商品到着後には利用者が配達員の評価も行うため、配達員側も適当な配送を行えないような工夫もなされています。

デリバリーサービスとしている飲食店 

 配達員の評価=店舗の評価

に対し、

Uber Eats

 配達員の評価=個人の評価

になるところも飲食店のデリバリーサービスと違う点。

結論

Uber Eatsを使用してわかったメリット、デメリットをまとめてみました。

いかがだったでしょうか。

これはあくまでも利用者目線ですので、店舗側、配達員側から見ればまた違った感想があると思います。

使ってみてわかったことは、「100%利用できる保証はないが、まずは確認したいサービス」です。

雨の日や外出したくない日は、まずはアプリを開いて利用可能な店舗がないか確認してみるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました